2008 / 02
≪ 2008 / 01   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 -  2008 / 03 ≫

フリーペーパーでクーポンを見つけて
念願の酵素風呂初体験です。

ちょっと遠いけどJRで約40分。
「狩留家」っていう無人駅で降りて、
昔ながらの静かな路地(とっても素敵な町並み!)を
数分歩いて到着。

平日の昼間って事で、
大きなお風呂にひとり・・・

最初足を入れると熱?い!
茶色の粉(?)にうずめてもらって3分。
どーッと汗が・・・
10分でリタイアしそうに・・・

もうちょっと頑張りたかったけど
途中からは座って、トータル20分。

ものすごい汗かいて、顔はゆでタコ状態・・・
こんなに汗かいたの何年ぶりだろう・・・

でもサウナよりはずっと楽で、
とっても気持ち良かったし、お肌もツルツル。

キャンペーン中の今月のうちに
もう一度行くつもりです。

元気になったので気合を入れて、
楽譜作りに励みまっす!!



発表会のため連弾にアレンジしなければ
ならなくなった「千の風になって」

何度か聞いたこともあるしメロディーも
覚えてるけど、この手の曲は苦手です。
テレビで流れ出したらすぐにチャンネルを
変えてしまうほど・・・

以前コーラスで要望されて、
「涙そうそう」の楽譜をアレンジしたときは、
泣きながらやったものです。
そして結局2回ほど練習しただけで
やめてしまいました。

メロディーは覚えていても
前奏や間奏は良くわからないので、
まずは楽譜を揃えなければならないのですが、
それさえも気が進まなくて放置しています。

ピアノ譜にしてしまえば
歌詞も無いから大丈夫・・・
とは、思うのですが・・・

取り掛かるまでには
もう少し時間がかかりそうです。

因みに「小さな木の実」とか「グリーン・グリーン」
とかも苦手です。。。






貧乏性の私はレッスンの時
大人の方には残っていれば、
お子さんが子供の頃使っていた楽譜を
使っていただく事があります。

兄弟でレッスンに来る子たちには、
上の子の楽譜を下の子に使ってもらいます。
お母さんが使ってらした楽譜を
使ってもらう事もあります。

大人の方はそれを見て
お子さんの苦労を知り、
反省なさる事もあります。

子供たちはお母さんの楽譜を
使う事で、大人になった気分に
なったりします。

昨日お姉ちゃんのお下がりの
楽譜を使っている子のレッスンの時、
4つ付いた♯の音全部に○が付けられた
曲に出会いました。

いつもは初見が大変な子なのですが、
すらすら弾いてくれました。

やっぱり楽譜への書き込みは大切です。
本当は自分でやらせなきゃいけないのに
サボってました。

お姉ちゃんの書き込みは数年前に
私がレッスンの時書かせたものです。
頑張りやさんで滅多な事が無ければ
書き込みなんてしなくても弾ける子でした。

お姉ちゃんとは違うのに同じように
レッスンをしてちょっと遅いな?
なんて、思ったりしていました。

猛反省です。。。
ちょっと時間をとって書き込みをしてもらってれば
もっと速くすすめたかもしれない。

しばらく落ち込むと思うけど、
今気付けてよかった。

文章にするのすごく難しかったけど
自分への戒めとして、残したかったのです。

実は私の子供の頃の楽譜は
全く残っていません。
大切にしていた歌曲集が残っているだけです。
伴奏部分にいっぱい○が付いている・・・



とおん

Author:とおん
ピアノ上達のためには
楽しいだけじゃいられない。
涙もグチもしっかり受け止めて
それでも楽しいピアノを目指し
いかに楽して上達できるかを
常に研究中している
ピアノのせんせーです。



presented by 地球の名言