2010 / 03
≪ 2010 / 02   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2010 / 04 ≫

泣き叫んでる生徒ちゃん。

レッスンが終わってご褒美にあげた
お菓子を落っことしてしまいました。

お母さんに
「落ちたものは食べちゃダメ。」
って言われて、、、

こんな時、どーしたら良いんだろ。。。

もうひとつあげれば良いのだろうか?

それとも、次からは、注意するように
「残ってるのは他のみんなの分だからね。」
って言って、
せんせーとして当然の教育を
しなきゃいけないんだろか。

心をオニにして後者を選んでみました。

口には出さないものの、
明らかに
「も、いっこ、ちょーだいよー」
っと、こちらを見つめながら泣いてます。

あげるのはとても簡単なこと。
まだちっちゃな子です。

コレでピアノを嫌いになったらどーしよー。。

でも、自分の非を認められない子になってほしくない。

レッスン室を出てからも泣き声が聞こえてきます。

あれから数日経ってます。
さっさと
もひとつ、あげとけばこんなに悩まずに
済んだはずなのにね。。。

生徒ちゃんのためか、
自分のためか。
正しい答えは見つからない。

ピアノのせんせーなのだから
ピアノだけ教えてれば良いって言われたら
それでオシマイなんてすけれどねー。



ホムペの更新ができるようになりました。

大幅な改革は、まだまだですが・・・

あきらめなくて良かったぁ。

まだまだ、見苦しい点はあると思いますが
誰かのお役に立てればうれしいです。

もうすぐ新年度が始まりますね。

4月から初めてのピアノに挑戦される方が
数名ご入会くださる予定です。

教本選びなど、準備は大変だけど、
嬉しい忙しさです。

ピアノを弾かれる方、
それを聞かれる方(ご近所や、通りすがりの方も含めて)
の、誰もが楽しくなるようになるといいな?
・・・という想いで、頑張りまっす。

時々キビしいかもしれませんが
皆さん、素敵なピアニストになってくださいねっ!



○○才だけど、ピアノ弾けるようになりますか?
っていうお問い合わせ、よくあります。

子供の頃からピアノを弾いていたので
本当のところ、よくわかりません。

指の限界で弾けない曲も多々あるし・・・

小さな頃から基礎を叩き込んだ子たちには
自分の弾けないような曲でも弾かせたりしますし、

もちろん今までの経験上
両手で簡単な曲を弾くくらいなら
よほどの障害が無ければ誰にでもできます
って言えます。

でも、ひととりひとりの方の目標に添えてきただろうか?

目指す場所は何処でしょうか?

誰しも、自分の本当の限界なんて
わかるはず無いし、
あこがれの曲、夢や目標もあるはず。

「この曲を弾けるようになるために習いに来ました。」
って言われたら、すごく楽になるだろうなー。
などと、言ってるうちはまだまだなんだろーなー。

だけど、そのために
このエチュード全部やりましょうなんて
大人の方には言えもしない。。。

自信を持って教える事が
いつかできる様になるんだろか?



おはぎを食べる日。
って、
子供の頃は思ってた。

ちょっと大きくなってからはお墓参りの日。

季節外はずれの時期にお墓参りに行くと、
何処も荒れ放題なのに゜
この時期は何処でもお花が供えてあります。

大人になってからは、
いなくなった人を懐かしむ日。。。

そんな日なんだと考えてましたが
大家族でお墓参りをしている方々に出会いました。
老夫婦、若夫婦、幼児、乳児。

伝える日なのですね。

あなたが今存在しているのは
この人たちのおかげなんだと。。

ご先祖様、ありがとう。

グータラだけど幸せに生きさせてもらってます。



気が付けば、もう3月も半ばを過ぎて
発表会まであと3ヶ月!

楽譜作りに追われております。

相変わらず、気持ちだけが空回りして
さほど忙しくも無いのに気持ちだけ忙しい。

さっきまで開いてた楽譜が見つからない。

ピアノの上はもちろん、テーブルや
床にまで楽譜が散乱しておる状態です。

そんな中、先日、イトコのカラオケ教室の発表会に
行ってきました。

出演者は生徒さんだけで80数名。

ゲストはプロの歌手から地元のいろいろなグループ
総勢百数十人にも及ぶ一日がかりのものでした。

叔父、叔母の代から続いて、30周年。
受け継いだ物も大きいけれど
それを発展させた、立派な発表会でした。

とおんの発表会は出演者十数名。

ゲストどころか、アナウンスから
受付から、すべてひとりで頑張ります。

だけど、出演する方々が
自分の努力の成果を発表するという事に関しては
同じですよね。

一人一人に輝いていただく為に
もっともっと頑張らなくてはっ!



今年度最後のイヴェントも終わり、
まったりと遊んでおります。

以前大好きだったスポコンアニメを
まとめて観て至福の時間を過ごしております。

「カレイド・スター」

とっても元気になるアニメなんですよ?

こちらの地方では深夜にやってたんで
子供たちが観られなかった事が残念です。

そ言えば、「のだめカンタービレ・フィナーレ」も
あちこちの地方で放映されてるようですが
まだ、こちらでは放映予定も無いようです。

素敵なアニメ、たくさんあるのに
子供たちに観てもらえないのは、
もったいないような気がします。

と、言いつつも、
とおんはとっても元気になってまいりました。

今年度の残る作業は楽譜作りのみ。

頑張るわよ???!




先日、公民館でのコーラスの発表会。

終わった後、ウロウロしていると、
小さな女の子が綺麗に包んだあめをくれました。

「お歌教えてくれたお礼。」って。
夏のボランティアに来てくれてた子です。

ごめんね。

顔、覚えてない・・・

一生懸命、お顔覚えました。

思い返している間にちょっとだけ思い出しました。

でも、、、お名前も覚えてない。。。

って言うか、覚える気も無かったような・・・

とおんにとっては、「来てくれたみなさん」。

でも、ひとりひとりの子供たちにとっては
お歌を教えてくれた「せんせー」なのです。

きちんとひとりひとりに向き合わなければっ。

物覚え、人並み以上に悪いんだけど、
次回からは、何とか努力してみまっす。

ありがとね。

アメおいしかったよ。



何気なくつけていたテレビから、
昨日、コーラスの発表会で
歌っていただいた曲が流れてきました。

ユーミンの「瞳を閉じて」

もちろん曲のできたエピソードは知っていましたが。。

選曲の時は、メンバーの方は誰も知らなくて
練習も苦労しましたが、

きっと、観られた方は、
「これ、昨日歌った曲だ。」って
喜ばれたかも・・・

グッドタイミングな番組に感謝っ!

歌をもっと好きになってもらえるかも。

相変わらず、次の選曲に悩んでおりますが
またまた元気をいただきましたよっ!

コーラスのメンバーにも、聞いて下さる方にも
楽しんでいただける曲、
これからも頑張って探して行きまっす!



とおん

Author:とおん
ピアノ上達のためには
楽しいだけじゃいられない。
涙もグチもしっかり受け止めて
それでも楽しいピアノを目指し
いかに楽して上達できるかを
常に研究中している
ピアノのせんせーです。



presented by 地球の名言