2013 / 02
≪ 2013 / 01   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - -  2013 / 03 ≫

第十一番札所 金剛山 藤井寺 


仁王門
052藤井寺仁王門01

鐘楼
061藤井寺鐘楼

今の時期はどこも枯れ木ばかりですが
花の季節には美しい藤が楽しめるそうです。

本堂
054藤井寺本堂02

大師堂
056藤井寺大師堂01

帰りは前回と違うルートで
讃岐うどんが食べられませんでしたが
休憩地のパーキングエリアで
吉野川を見ることができました。
116SAより吉野川01


日が長くなったから
瀬戸大橋からの夕日は見られませんでした。
121瀬戸大橋復路03

次回は3月。
第十二番から第十六番まで巡る予定です。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
こちらもよろしくです     
           
広島ブログ

第十番札所 得度山 切幡寺 

仁王門
065切幡寺仁王門

仁王門をぬけると
遍路転がしと呼ばれる333段の石段。
070切幡寺03
登りきった時にはふくらはぎがパンパン。

それでも鐘を見つけると
列を離れて駆け寄って鐘をつかせていただきました。

鐘楼
077切幡寺鐘楼
本堂
078切幡寺本堂

大師堂
081切幡寺大師堂
帰りは階段の数を数えながら駆け下りたのですが
313段しかありませんでした・・・
どこかで20段抜かしたようです。
翌日には太腿が痛くなって
家の階段の昇り降りが大変でした。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
こちらもよろしくです     
           
広島ブログ

テレビで紹介されていた
地元の印刷会社が3年がかりで出版したと言う
マンガが気になって、ショッピングモールへ。

題名を覚えてなかったので
店内をぐるぐる回ったものの見つかんない。

仕方が無いので注文カウンターで
昨日テレビでやってた・・・
って言うと、検索もせず
広い店内からすぐに持って来てくださいました。

さすがテレビの力!
あるいは地元愛?

こんな単純な題名、何で覚えて無かったのだっ??

「広島カープ物語」!!
カープ モノガタリ

カープの創設からの歴史のお話です。

現代なら信じられないかも知れない。

原爆で何十年も草木も生えないと言われた
ヒロシマに野球選手が集まってくれるなんて!

子供の頃、野球に全然興味も無いのに
よく連れて行かれていた旧市民球場。

今でこそカープファンを自認しておりますが
当時は、初優勝した時の事すら覚えていません。

だけど、チチオヤが一所懸命応援してたので
マンガに出てくる顔も知らない往年の選手たちの名前が
懐かしく思い出されます。

描かれた群集の中に、この歴史の中に
生きていたんだなー
なんて事を想い、
今年33回忌を迎えるチチオヤとの距離が
今更ながら縮まったように思えます。

そして、
今年も張り切って応援に行こうと心に誓う
とおんでありました。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
こちらもよろしくです     
           
広島ブログ

第九番札所 正覚山 法輪寺

広々とした田んぼに囲まれたお寺でした。

門前には草もちを売るお店があります。
近くでは托鉢をしている方々も。

仁王門
089法輪寺仁王門

回廊の隅にある鐘楼
088法輪寺鐘楼
鐘のある所では団体行動にもかかわらず
列を飛び出して撞かせていただきます。


本堂
087法輪寺本堂02

大師堂
085法輪寺大師堂


もちろん帰りには、草もちを買って食べました。

粒餡で上品な甘さ。
おいしかったー!

写真撮る前に食べちゃったのでご紹介できませんが
時間によっては売り切れている事が多いそうです。

托鉢の方々には、ほんの気持ちだけ
お布施をしてきました。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
こちらもよろしくです     
           
広島ブログ


毎年二月はバタバタと忙しいのですが
今年はコーラスの発表会が
三月になったので少し楽ちんです。

というワケで
確定申告に行ってまいりましたよ。

会場には人があふれていて
50分待ちって言われました。

しばらく待っていたのですが
ふと、思い出しました。

セルフコーナーがあったって事・・・

一年ぶりだからすっかり忘れてました。

あんなにたくさん待ってる人がいるのに
セルフコーナーはガラガラ。

さっさと済ませることができました。

時間をムダに使っちゃったなー。。

でも、面倒な確定申告が終わって一安心です。

溜め込んでいた領収書やレシートを
処分して、来年用にいただいてきた
書類に、「セルフコーナーで申告する事」
と、メモしておきました。

これで来年は大丈夫!

しかし、
一年ぶりだからといって
こんな事、忘れてしまうなんて
記憶力が衰えているのかもね。。

アタマをもっと鍛えなければっ!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
こちらもよろしくです     
           
広島ブログ


第八番札所 普明山 熊谷寺


石段を少し登ると多宝塔があり
ご詠歌が流れています。
091熊谷寺多宝塔

そこから、も少し登っていくと

仁王門があります。
094熊谷寺仁王門02
色鮮やかな仁王様たちです。

本堂
100熊谷寺本堂03

大師堂に登る石段の脇に
この季節には珍しいあやめのような花?
099エヒメアヤメ02
先達さんが「エヒメアヤメ」って
教えてくださいました。

今回同行してくださった先達さんは
お寺の説明はもとより、いろんな事を教えてくださる
とっても博識な方でした。

大師堂
097熊谷寺大師堂

大師堂から見えた本堂の立派な鬼瓦。
095熊谷寺本堂01



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
こちらもよろしくです     
           
広島ブログ


今月は第七番から第十一番まで。

まだまだ寒いけれど、お天気は上々。

前回に比べて随分日の出が早くなってます。
春はもうすぐですね。

ツアーの都合で逆打ちになったのですが
札所の順番どおりにご紹介しますね。

第七番札所 光明山 十楽寺

鐘楼門
106十楽寺鐘楼門

本堂
113十楽寺本堂02


大師堂
111十楽寺大師堂02

広い敷地に立派な宿坊もあります。

目に霊験があるそうで
納め札の裏に歳の数だけ「目」という字を書くと良いそうです。


まとめちゃうと見難くなるので
一ヶ寺ごとに記事を分けることにしました。

ピアノブログなのにお寺の記事ばかりで
ごめんなさい。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
こちらもよろしくです     
           
広島ブログ


時々注意はしているんだけど
なかなか直らない生徒さんの手。

弱い指をフォローするために
親指が広がって、どんどん鍵盤から離れていきます。

弾いていると肩が凝ると言われる方は
皆さん、こんな弾き方をされます。

不自然な事には気付いてるんだけど
手は勝手に動いちゃう。。

同じ症状の方が三人続いて
同じ様な注意をしていたら
少しずつ要領がつかめてきたので
矯正の方法をメモしておく事にしました。

バーナムなどの簡単なエチュードで
なるべく鍵盤の奥の方で弾いていただく事。

親指を使わない時は、OKサインのように
人差し指にくっつけておく事。

打鍵のスピードには呼吸も大切。
掛け声をかけてあげる事。

腕の重みで和音を弾く時は
後ろから押してあげること。

私が弾いている時に
腕を持ち上げてみていただく事も必要です。

同じように、自分の腕も反対の手で
反応を確かめていただく事も。

これからは発表会に向けて
曲の譜読みや仕上げで
注意する機会が少なくなりそうですが
大切な事なので、なるべく毎回
注意するよう、心がけようと思います。

今年はあと、320日。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
こちらもよろしくです     
           
広島ブログ


「乙女って何ー?」
って、生徒ちゃん。

「若いおねーさんのことだよ」
って、答えると
「乙女は何を祈ってるの?」
と、たずねられてしまいました。

「ばあば」が練習中の「乙女の祈り」に
関する質問だったようです。

考えたことも無いなー。。

そこまで想いを込めて弾いたこと無いし・・・

「バダルジェフスカさんに聞いてくれ」
って、言いたい所ですが。。

「何、祈ってるのかねー?」
としか、言ってあげられませんでした。

そこで、ちょっとネットで調べてみることに。

まず、衝撃っ!

バダルジェフスカさんだとばかり思ってたけど
ほとんどのサイトで作曲者は、バダジェフスカさん
と、いう記述でした。

いろんな資料にも載ってなかったけど
小さな肖像画も発見できました。
badarzewska.jpg

相変わらず、生徒ちゃんたちからは
教わることばかりです。

1830年代にポーランドに生まれて
20代で亡くなったと言われています。

戦争や思想などの影響で資料がほとんど残ってないみたい。

虐げられた環境で18歳頃に作曲されたらしい
「乙女の祈り」は
平和への祈りだったのかも知れませんね。

生徒ちゃんが大きくなって
いつか、この曲を弾く時のために
次のレッスンの時にお話してあげようと思います。

オクターヴが楽々弾けるようになる頃には
きっと、そんな事は
忘れてしまってるだろうけどね。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
こちらもよろしくです     
           
広島ブログ


楽譜を仕入れに行った楽器店で
青いピアノを見かけました。

とてもきれいな大きなアップライト。

お店で写真撮るワケには行かないので
ホームページから画像借りちゃいました。

見とれているとお店の方が
説明をしてくださいました。

買う当てなんて無いのに・・・

世界に20台しか無いんですって。

他にお客さんがいなかったので
他のピアノのお話も
たくさん聞かせていただきました。

燭台の付いたアンティークなピアノも
見せていただきました。
(弾いてみてって言われたけど・・見てるだけ)

グランドもいっぱいあるのに
アップライトばかりに目が行く
ワタシは貧乏性・・・?

だってね、
アップライトって言ったって
ウチのグランドよりお高いんですから。。

このお店に置いてあるピアノ椅子すら
ずうっと前から欲しいけど
未だに手を出せないでいるんですぅぅ。

二ケタ違うグランドなんて夢のまた夢。

それにワタシの腕ではピアノがかわいそう。

最近は、またサボり気味だから
ウチのピアノもかわいそう。

練習しまっす。

せめて、お店で試弾させていただけるくらいに
ならないとね。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
こちらもよろしくです     
           
広島ブログ


とおん

Author:とおん
ピアノ上達のためには
楽しいだけじゃいられない。
涙もグチもしっかり受け止めて
それでも楽しいピアノを目指し
いかに楽して上達できるかを
常に研究中している
ピアノのせんせーです。



presented by 地球の名言