2014 / 10
≪ 2014 / 09   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2014 / 11 ≫

4年生の生徒ちゃんの弟ちゃんは生後3か月頃から
レッスンについてきています。

実は、赤ちゃんを抱っこするのは苦手で
いつも逃げていたのですが
発表会のためにお母様と連弾の練習してもらう時
必要に迫られて恐る恐るあずかりました。

ヘタクソな抱き方できっと泣くだろうと思ってたのに
ピアノを聴いていると泣かないの。

お家でも、お姉ちゃんがピアノを弾くとご機嫌さんなのだそうです。

そのうち、レッスン中にテーブルをパンパンとたたいて
リズムを取り出しました。

そして、七か月になった今は
ピアノをバンバンとたたいて喜んでいます。

指が強―い。

将来が楽しみだー!!



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
こちらもよろしくです    
           
広島ブログ


足の怪我の手術とリハビリでお休みされていた生徒さんが
三か月半ぶりに復帰してくださいました。

カルチャーで「大人のためのピアノ」を始めた2年目から
もう18年も続けてくださっている方です。

ご家族のご病気やご不幸。
ご自身のご病気も抱えながら
やめちゃったら弾けなくなるから
と、
いつも前向きな姿勢にネガティヴなとおんは
頭が下がるとともに、勇気をいただいております。

先生とも言える生徒さんなのです。

この方を指導するために「練習せざるを得ない」
って、感じかも・・・

ほんとにありがたい存在なのであります。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
こちらもよろしくです    
           
広島ブログ


二か月ぶりの通院日。

いつも通り、まず血液検査です。
大きな病院はいろいろな方が採血してくださるので
今日は上手な人でありますように
と、祈りながら待ちますが

今回
大当たりの日でした。

針が刺さった感が全く無いの。

全然痛くないっ!

採血してくださったのは、初めてのおじちゃん(失礼)

先入観のため、すっごい不安だったから
ものすごく感動してしまいました。

見た目で人を判断してはいけないな
と、
つくづく思い知らされました。

検査結果も順調で
正常値に近づいているようです。

指もほとんど変形して無いし
手首の腫れも、いつの間にか治っています。

そろそろ苦手な曲にもチャレンジして行かないとね。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
こちらもよろしくです    
           
広島ブログ


とおん

Author:とおん
ピアノ上達のためには
楽しいだけじゃいられない。
涙もグチもしっかり受け止めて
それでも楽しいピアノを目指し
いかに楽して上達できるかを
常に研究中している
ピアノのせんせーです。



presented by 地球の名言