2017 / 07
≪ 2017 / 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 / 08 ≫

大人の生徒さんたちがよく口にされる言葉。

「子供は速く上達しますよね?」

「子供の様には弾けませんよ?」

でもね、
ちょっと待ってください。

子供だって、人それぞれ。

大人とのハンディキャップもあります。

手の大きさです。
ちっちゃな手で頑張ってるんですよ。

それに、
よっぽどピアノが好きな子で無い限り
自発的に練習なんてしません。

親から叱られるので、
渋々って場合がほとんど。。。

んで、

自分でやりたいって始めたのに
練習しないのならやめちゃいなさいっ!

って、キツい基礎だけやらされて
カッコいい曲にたどり着けない子もしばしば・・・

大人になると誰も叱ってくれません。

自分がどれだけ弾きたいかがカギです。

今日は疲れてるから弾きたいけど、ヤメとこ。
って事、あるでしょう?

だーれも褒めてくれないし、
(褒めてるけど、お世辞と勘違いされる事も・・・)

だーれにも練習しなさいなんて言ってもらえない。。。
(やっぱ、強制は出来ませんよぉ)

確かにね?

記憶力は退化してるし、
お仕事や家事で時間が無いし・・・

でもね、
子供たちだって同じです。

毎日学校で
新しい事教わって、覚えなきゃいけないし
お友達との人間関係もあるし、
塾や他の習い事だってあるんです。

上達のポイントは、やるかやらないかの差です。

モチベーションの持続が最大のカギですかねー。

とおんも同じです。

自分の練習はご近所迷惑にならないよう
気を付けてるんですが、

ご近所にはご高齢の方が多いので
お昼寝してらしたら、
とか、

早めに寝てらしたら、
とか、

なるたけ自分が練習しないで済む理由を
考えちゃうんです。

時間のやり繰り、大人も子供も、せんせーも、
同じように大変です。

みんなー!

頑張ろうねっ!



この記事へコメントする















とおん

Author:とおん
ピアノ上達のためには
楽しいだけじゃいられない。
涙もグチもしっかり受け止めて
それでも楽しいピアノを目指し
いかに楽して上達できるかを
常に研究中している
ピアノのせんせーです。



presented by 地球の名言