2017 / 07
≪ 2017 / 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 / 08 ≫

先日、学生時代の恩師(?)から
夜中に久しぶりのお電話が。

ピアノの先生と言うよりも、飲み友達。
って感じのせんせーです。
(もちろん大変にお世話になった方ですが・・)

同級生の○○って知ってるか?

いや?覚えて無いっす。

聴講生として、大学でのレッスンを受けに
憧れだった恩師(?)のもとに来たのだそうです。

当時は先生変わるのは大変な事だったみたい。。

パワフルだぞ?
次から次へと譜読みして来るぞ?
って・・・

とおんだって、、、

滅多にしないけど、新曲の譜読みはしてますぅぅ。

ほんの少し羨ましい気持ちはある。。

でもね、
レッスンを受けに行く気持ちはない。

今は、道が違うから。

きっとね、
ドの位置も意味も知らない幼児ちゃんや
自分よりう?んと年上の方の指導については、
恩師(?)より、とおんの方が経験豊かだと思います。

自分の演奏技術を高めたい。
っていう、気持ちはあるけれど、
やっぱり一番の望みは
たくさんの人たちにピアノに親しんでいただく事。

みんなの好きな曲を知ること、

ご希望の楽譜を作ること、

ひとりひとりに合った指導法を考える事。

とおんは今、演奏家では無く、
指導者なのだから。

そしてね、
今は生徒さんたちが、
とおんの先生でもあるのだから。


この記事へコメントする















とおん

Author:とおん
ピアノ上達のためには
楽しいだけじゃいられない。
涙もグチもしっかり受け止めて
それでも楽しいピアノを目指し
いかに楽して上達できるかを
常に研究中している
ピアノのせんせーです。



presented by 地球の名言