2017 / 05
≪ 2017 / 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この2ヶ月間に、二人の大人の生徒さんが
お母様を亡くされました。

おひとりは、気力を失って
ピアノをやめられました。

今まで、百名以上の大人の生徒さんと
接してきましたが、
ご身内の不幸がきっかけで、
やめられる方は結構多いです。

音楽って、心の慰めになる事もあるけれど、
切羽詰った時には、こんな事やってて良いのかと、
思えてしまうものでもありますものね。

思えば、
とおんもチチオヤのお葬式の2日後に
試験で弾いた「カーナヴァル」
あれから二度と弾いていません。

練習も全然出来なくて、ボロボロだったし。。

こんな風に、トラウマになってしまう事もあります。

けれども
もう、おひとりの方は
しばらくはお休みして、
再開してくださるそうです。

この方は、音楽の力で姪御さんを救われた方。
(2009年7月26日)をご参照ください。

音楽って、ただ、生きてくだけなら
何の役にも立たないけれど、
生きる力に成り得るモノでもあるのですね。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

【】
はじめまして。piano-classといいます。

私も音楽に救われた一人です。
私は妊娠7か月で初めての赤ちゃんを
死産した経験があります。その後、二人の娘に恵まれましたが、
当時は張り合いもなくなってしまい、
引き籠りのような状態になっていました。
そんな私を心配してか、
主人がいくつかCDを聴かせてくれたのですが、
その中で中島みゆきさんの「時代」を聞いた時に
ハッとしたんです。
「きっとまた幸せなことがあるはず。明るく生きて行こう。」と、元気が出てきました。

音楽の力は本当に計り知れないですよね。
【piano-class様】
貴重なお話を、ありがとうございます。

身を切られるような想いをされたのですね。

「時代」
ほんとに励まされる曲ですよね。

昔のレコード、持ってますよ。

悲しみは忘れてしまえないけれど
前向きに生きて行くチカラを
音楽は持っているのですね。

今度は、誰かのチカラになるべく、
ご家族と共に、ピアノ頑張ってくださいねっ!
この記事へコメントする















とおん

Author:とおん
ピアノ上達のためには
楽しいだけじゃいられない。
涙もグチもしっかり受け止めて
それでも楽しいピアノを目指し
いかに楽して上達できるかを
常に研究中している
ピアノのせんせーです。



presented by 地球の名言

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。