2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


別に何かあった訳でも無いのですが、
ピアノを習う人って講師に何を求めているのだろうと
気になって、
恐る恐る、掲示板を覗いてみました。

優しい先生が良いとか、優しいだけぢゃ、
上達しないとか、厳しいのは、イヤだとか、
厳しいほうが、上達が速いとか、、、

いろいろな書き込みを見て、
ひとりひとりのご希望に添ってやってるつもりだけど
もしかしたら、伝わってないのかも・・・と・反省・・・

そんな中、「ハノン」の効用についての
書き込みが多かったので、考え込んでしまいました。

30分間のレッスン時間内にハノンの時間は無駄だ。
疲れるだけだ。
スケールやアルペジオの為にしか使わない。
そんなヒマがあったら曲を弾きたい。。。などなど。。。


初心者の方を対象にレッスンさせていただいているので、
家での練習にハノンは必須では無いと、
お伝えしていますが、レッスンの最初の数分間は
指慣らしのために弾いていただいています。

長く続けていただいている方には
「リトルピシュナ」を使っていただいていますが・・

ハノンは指の強化だけでなく、譜読みにも役立つと
考えています。
もちろん脱力にも役立ちます。

最近は「??のためのハノン」とか、
色々な出版物がありますが、
(全調でやれ。とか、御無体なモノもありますぅ)
(調性とかわかってたらそれなりにおもしろいですがぁ・・)

私が一番お世話になったと思われるのは
「ローバイン-ハノン」
随分前に仕入れた楽譜ですが、
気になって、検索した所、
2件しか見つかりませんでした。
絶版になったのかな??



この記事へコメントする















とおん

Author:とおん
ピアノ上達のためには
楽しいだけじゃいられない。
涙もグチもしっかり受け止めて
それでも楽しいピアノを目指し
いかに楽して上達できるかを
常に研究中している
ピアノのせんせーです。



presented by 地球の名言

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。