2017 / 11
≪ 2017 / 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨年から憧れの「幻想即興曲」に
取り組まれた生徒さん。

カンタービレの前までしか、
レッスンはしていませんが、
譜読みは最後までされているようです。

というか、ほぼ、覚えてらっしゃるのです。

きっと、何小節か毎に、止まりながら
リズムを無視すれば、弾き通せるのです。

んが、

人前で演奏していただける状態ではありません。

発表会前に、今年は間に合いそうに無いので
以前練習した事のある、簡単な曲を
掘り下げて、やってみましょう。

と、説得して
細部に至るまで、
細かく、しつこくレッスンさせていただきました。

今まで、発表会で弾いてこられた曲よりも
レヴェルの低い曲を弾くのは
自分で納得できなかったのかも・・・

発表会には出演していただけませんでした。

でも、
発表会後も、その曲のレッスンは続きました。

そう、
この位のレヴェルの曲を完璧に弾けないで
憧れの曲にたどり着けるはずは無いって事に
気付いていただくために。

そして、
ほぼ、完成が近づいてまいりました。

「幻想即興曲」の方は
両手の最初の4小節を完璧に合わせられるまで
絶対に先に進まないという約束で
レッスンを再開しました。

するとね、
今まで、超有名曲ばかりを希望されていたのに
その方のレッスンの前の生徒さんが弾いてらっしゃった
かなり簡単な曲を弾いてみたいと言われたのです。

基礎の練習には、もってこいのその曲。

エチュード嫌いのその方には、うってつけです。

きっと、すぐに弾けるようになると思いますが
きっちり、みっちり、練習していただこうと
思います。

大人の方へのレッスンは、
「コレ、やりなさい」
なんて事は言えません。

「やった方が良いですよ」
って、言ったって、
「やです」
って、言われたら、
それ以上言えません。

そんな、いい加減なレッスンをしてきた。。。

十年以上続けてくださっているのに。。。

子供たちは、それだけの時間があれば
とっくに「幻想即興曲」くらい弾けてます。

比べる事が間違いなのかも知れないけれど
自分の指導力の無さに、
今さら気付いて、落ち込んでいる
とおんであります。

だけれどね、

何年もかかって、教えていただいたんです。

信用していただける、せんせーにならなきゃ!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

この記事へコメントする















とおん

Author:とおん
ピアノ上達のためには
楽しいだけじゃいられない。
涙もグチもしっかり受け止めて
それでも楽しいピアノを目指し
いかに楽して上達できるかを
常に研究中している
ピアノのせんせーです。



presented by 地球の名言

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。