2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫

長年ピアノを続けていただいている生徒さん。

お忙しいので、なかなか思うように練習できず
音大卒のお嬢さんたちに、ケナされる事も
しばしばだとか・・・

それでも、発表会には毎年出演してくださいます。

そろそろ、次回の発表会の曲を
決めましょうかね。
って、ご相談。

すると、
今までは、クラシックの有名曲ばかり
ご希望されていたのに
初めて、ドラマの主題歌を弾いてみたいって。。

童謡でも良いから、いろんな曲に
伴奏を付けて弾いてみたいとも。。

もちろん、レヴェルに合った楽譜、
作りますよ。

コードのご指導もさせていただきますよ。

心境の変化なのかな?

それとも、今まで言えなかっただけかな?


大人になってピアノを始められる方の半数は
お子さんが、ピアノを習っていた方々です。

中には、お嬢さんがピアノの先生を
されている方もいらっしゃいます。

ひと昔前のピアノレッスンを見ていらっしゃった
方々は、ピアノの先生に対して
自分の希望を伝えることなんて、
考えられなかったのかも・・・

いまだに、大人の方から「せんせー」と呼ばれるのが
恥ずかしい、とおんです。

子供のレッスンとは、きちんと区別してますよ。

ご希望の曲を、自分で納得いくまで
上達していただくことを一番に考えています。

とおんは、ただのサポーター。

小さな生徒ちゃんたちよりは、
ちょっと、エラい(?)けれど、
ほとんどの大人の生徒さんから見れば、
人生の後輩なんです。

まだまだ発展途上。

少々のことではヘコタレませんから
言いたい事、言ってくださいねっ!


お読みいただきありがとうございます。
ついでに、クリックいただくと
うれしいです。
   
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

この記事へコメントする















とおん

Author:とおん
ピアノ上達のためには
楽しいだけじゃいられない。
涙もグチもしっかり受け止めて
それでも楽しいピアノを目指し
いかに楽して上達できるかを
常に研究中している
ピアノのせんせーです。



presented by 地球の名言