2017 / 08
≪ 2017 / 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 / 09 ≫

大人の生徒さんのレッスンで
最近、とっても気になるのが
音符と休符の長さの不正確さ。

全音符や全休符は短くて
八分音符や十六分音符は長ーい。

または、CDなどで覚えた曲を真似して
ご本人仕様のルバートだらけだったり。

もちろん、基本のご指導は
させていただいていたつもりですが。。

きちんと伝えきれていなかった。

ピアノを楽しんでいただくだけの
レッスン期間が、長すぎたのかも・・・

レッスン中はメトロノームを使って
合わせていただいて、ちゃんと出来ていたのに
次のレッスンでは、元に戻っている。

使い方のご指導はしているのですが
お家では、使いこなせていないようです。

初期の簡単な曲なら、何の問題も無かったけれど
少しずつ複雑になるにつれ
理解していただかないといけない事です。

子供になら、カスタネットやタンバリン、
時には飛んだり跳ねたり、
楽しみながら覚えてもらえる体感。

大人の方にどうやって身に付けていただける?

毎回、同じ事を繰り返していただくしか
今の自分には、方法が見つかりません。

エチュードと、弾きたい曲との関係に
気付いていただくにはどうしたら良いのだろう。。

皆さん、エチュードは嫌いだし。

十数年続けてくださっている方にさえ
説得してやっと、気付いていただけたばかり。

焦らなくても良いとは思うのだけど
気になり始めたら、見過ごせない。

カッコ良くピアノを弾いていただくために
自分のできる事・・・

やっぱり基礎を叩き込んで行くしかありません。

やってくださいって言った事を信じて
素直に聞いていただけるような
尊敬されるような、せんせーに
なるしか無いのでしょうね。

そのためには

まずは、
生徒さんの持ってこられた楽譜を
初見で完璧に弾けるせんせーにならなきゃ。

修行あるのみです。

グチは書きたく無いと思ってたけど
コレは明らかにグチですね。

ごめんなさいです。

でも、頑張って
生徒さんに認められるせんせーになるです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村

【】
こんばんは。

わかります。
大人の方で、ピアノ歴が長くても、音価をしっかり把握せずに流して弾いてしまうことは、ありますよね。
聴いて知っている曲だと、尚更そうだと思います。

やはり、音符自体には、音の高さと音の長さという2つの性質があり、そのうち、長さはどうしても曖昧になってしまいがちということを、生徒さんに伝えることが重要ですよね。
口でリズムを言いながら弾いて聴かせるのも有効だと自分は思っていて、そうすると、生徒さんにもわかってもらえて、同じように少しずつご自分でリズムを数えたり、確かめたりする習慣がつくように思います。
【モリスさんへ】
いつも良いアドヴァイス、ありがとうございます。

> 口でリズムを言いながら弾いて聴かせるのも有効だと自分は思っていて、そうすると、生徒さんにもわかってもらえて、同じように少しずつご自分でリズムを数えたり、確かめたりする習慣がつくように思います。

「リズムを口で言う。」!!

気が付きませんでした。
階名で歌うことばかりしてました。
目からウロコですっ!
さっそく実践してみます。
この記事へコメントする















とおん

Author:とおん
ピアノ上達のためには
楽しいだけじゃいられない。
涙もグチもしっかり受け止めて
それでも楽しいピアノを目指し
いかに楽して上達できるかを
常に研究中している
ピアノのせんせーです。



presented by 地球の名言