2017 / 11
≪ 2017 / 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レッスンでソルフェージュをしていると
懐かしい名前のメモがありました。

しばらく使ってなかったその楽譜は
その日、コンサートをする元生徒ちゃんの
レッスンでも使っていたのです。

もう立派なピアニストさんです。

レッスンしていた、ちっちゃな生徒ちゃんに
あのお姉ちゃんも、コレやってたんだよって
教室に貼ってあったチラシを見せてあげると
目をキラキラさせていましたよ。

あー、この生徒ちゃんと同じ位の頃から
教えてたんだなー・・・

感慨深く思い起こしておりましたが
ふと、自分のトシに気づいて驚愕!

一所懸命若作りして、コンサートに出かけました。

自分がボヘーっと生きている間に
この子は、どれだけの曲を弾いてきたのだろう。。

演奏を聴きながら、改めて月日の流れを感じます。

ちっちゃなお子さんの可能性は無限大。

もしかしたら、ピアニストになるかも知れない
今の生徒ちゃんたちに、より良いレッスンを
するために、もっとお勉強しなければね。

それと、お肌のお手入れもきちんとしておかなければねっ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

この記事へコメントする















とおん

Author:とおん
ピアノ上達のためには
楽しいだけじゃいられない。
涙もグチもしっかり受け止めて
それでも楽しいピアノを目指し
いかに楽して上達できるかを
常に研究中している
ピアノのせんせーです。



presented by 地球の名言

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。