2017 / 11
≪ 2017 / 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


楽譜をパッと見て、すぐに何の音かが
分からないんですけど・・・
大人の方がよく言われます。

譜読みはねー、
確かに大変ですよね。

一時期、譜読み練習をレッスンの度に
やっていただいていましたが
コレがけっこう不評でして
フェードアウトしてしまったんです。

子供のように譜読みドリルとか
フラッシュカードとか
ソルフェージュの訓練をするべきかな?

楽譜は五線を数えれば読めちゃいます。

ただ、パッと見て瞬時に弾くためには
文字を読むのと同様に
ひとつひとつの音符を覚えてしまうしかありません。

ピアノの52の白鍵のひとつひとつが
異なる五線上にあらわされています。

「ドレミファソラシ」
「ハニホヘトイロ」
「CDEFGAH」など

七つの音名で読んではいますが
鍵盤の位置(音の高さ)ですべて名前が違うんです。

だから覚えてしまうしかないんです。

少―しずつでも覚えましょうね。

相変わらず不毛な事を書いてしまったようですが
コレを書いている内に
またアイデアが浮かんできました。

譜読み練習第2弾、その内始めますよっ!



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
こちらもよろしくです    
           
広島ブログ

この記事へコメントする















とおん

Author:とおん
ピアノ上達のためには
楽しいだけじゃいられない。
涙もグチもしっかり受け止めて
それでも楽しいピアノを目指し
いかに楽して上達できるかを
常に研究中している
ピアノのせんせーです。



presented by 地球の名言

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。