2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「もっと楽譜を見て弾いてください。」

ホントに良く言う言葉ですが
分かっていただけないのはどうしてだろう・・・

ずっとずっと考え続けていました。

手を見ずに弾くなんて無理です
って、言われるけれど
鍵盤には何も書いてないんですよ。

カンペキに楽譜を覚えてるわけじゃないでしょ?
なんて、心の中で思いながら、
時には、ちょっとだけ言葉に出したり・・


「こんなにできないのは私だけなんでしょうか?」
ひとりの生徒さんが尋ねられました。

たくさんいらっしゃいますよ。
ひとりひとり違うけど
大人になってピアノを始めた方は
そんな方が多いかな?

テレビを観ながら、お茶を飲むとき
テーブルに置いてあるお湯呑みを取って口に運ぶまで
じっとお湯呑みを見ていますか?

きっとお湯呑みはチラッと見て手に持ったら
テレビからは目を離さないでしょ?

楽譜はテレビ。

お湯呑みは鍵盤。

そんな感じで弾けるようになっていただきたいのです。

なんて感じでの説明がヘタなせいか
納得していただけない。


そこで
この箇所なら手を見なくても弾けるはず

楽譜で覆って手元を隠してみると
ちょっと練習しただけで、ちゃんと弾けましたよ。

あ、少しだけ分かった気がします。
と、言っていただけました。

難問ひとつクリア!

ひとりひとりのお悩みは似ているけれど
解決方法はみんな違います。

まだまだ試行錯誤で発展途上のせんせーは
パソのキーボードをじっと眺める・・・



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
こちらもよろしくです    
           
広島ブログ

この記事へコメントする















とおん

Author:とおん
ピアノ上達のためには
楽しいだけじゃいられない。
涙もグチもしっかり受け止めて
それでも楽しいピアノを目指し
いかに楽して上達できるかを
常に研究中している
ピアノのせんせーです。



presented by 地球の名言

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。